トップページ > 助成をお求めの方へ > 2016年度助成事業一覧 > 事業詳細

2016年度助成事業一覧 (採択分)


医学医療研究の推進、難病対策・医療患者支援      15件  7,717,800円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
木原隆がん基金 一般社団法人
生命科学文化推進機構
(名古屋市中区)
第4回健康文化フォーラムの開催
 過去3回開催し好評を博しているこのフォーラムを、次回もがん患者や一般市民を対象に参加者を募り、がん領域に関する演題2題と文化面での演題1題の編成で開催する。
300,000
木原隆がん基金 NPO法人
JORTC
(東京都台東区)
市民公開セミナー「緩和ケアを知ろう!~誤解していませんか?緩和ケアの今~」
 現場で緩和ケアに携わる医師らに初期からの緩和ケアについてわかりやすく講演してもらうことにより、一般市民の緩和ケアに関する知見を高め、積極的に活用してもらうことを目指す。
400,000
木原隆がん基金 NPO法人
ウィッグリング・ジャパン
(福岡市中央区)
カフェで気軽にがんを学ぶセミナー「カフェで学ぼう がんのこと」
 治療の話も大事だが、予防の話もそれと同じくらい大切。デザートセットを楽しみながら、リラックスした雰囲気の中で専門家からがんの予防・診断やがん治療の話が聞ける、一般の方・がん患者向けのセミナー。
300,000
難病対策基金 日本網膜色素変性症協会 和歌山県支部
(和歌山県和歌山市)
患者・家族心のケアのための講演会
 眼疾患である網膜色素変性症は、症状が進むと、心を病む患者が多い。また、近くにいる家族にも影響がある。医療講演会は毎年開催しているが、今回は心のケアを主題に開催する。
100,000
難病対策基金 再発性多発軟骨炎(RP)患者会
(福岡県粕屋郡)
「RP患者医療講演会・相談会~患者力を身に着けよう~」の開催と報告書の作成
 希少疾患であり長期にわたり憎悪と軽快を繰り返すRP患者が、薬との上手な付き合い方や生活面で工夫できることなど、毎日の生活に役立つ知識を身に着け、より前向きに療養生活を送れることをめざし、医療講演会を開催する。
300,000
人工透析患者対策支援基金 NPO法人
ほほえみながさき
(長崎県長崎市)
通院介護に係るボランティア者拡充事業
 透析患者さんを主に通院の福祉有償運送を行っているが、ボランティア者の拡充を図るとともに、ボランティアの安全安心の運転を遵守する教育講習を徹底する。
300,000
子供の難病対策支援基金 大阪杉の子会
(大阪市阿倍野区)
2016年大阪杉の子会サマーキャンプ
 「大阪杉の子会」は1型糖尿病の患者会である。1型糖尿病はまれな疾患であり、同じ疾患を持つ仲間と出会い、数日間寝食を共にする経験は非常に意義深い。このため、1型糖尿病患者とその家族を対象としたサマーキャンプを行う。
200,000
医療被害者支援基金 薬害被害者支援サークル
balloons+
(仙台市青葉区)
薬害被害者に対する支援活動
 薬害被害者は社会生活を行う上で様々なハンディを抱えている。さらに被害そのものにより、また被害に対する無理解、偏見が根強いために、精神的にも大きな傷を負っている。本事業はそうした身体的、精神的な障がいを軽減することを目的として、必要に応じて薬害被害者を援助する取り組み。
105,000
美知ネフローゼ記念基金 大阪大学保健センター
講師 山本 陵平
(大阪府吹田市)
ネフローゼ研究
 原発性ネフローゼ症候群に対する免疫抑制療法の治療薬の処方経過の自動算出システムの開発。
1,000,000
福井敏ガン・医療基金 10 大阪大学大学院医学研究科
助教 西村 潤一
(大阪府吹田市)
がん研究
 Th17を誘導するCD14+CD163low細胞の大腸癌周囲環境に及ぼす影響。
1,000,000
福井敏ガン・医療基金 11 大阪市立大学大学院医学研究科
講師 永見 康明
(大阪市阿倍野区)
がん研究
 ポリグリコール酸(PGA)シートとフィブリン糊を用いた消化管穿孔に対する有用性試験。
962,800
福井敏ガン・医療基金 12 大阪医科大学
助教 野々口 直助
(大阪府高槻市)
がん研究
 悪性グリオーマ幹細胞を標的化するδ‐aminolevulinic acid(ALA) 併用X線増感治療法の開発。
1,000,000
ばばちゃん基金 13 公益財団法人
がんの子どもを守る会
(東京都台東区)
小児がんでお子さんを亡くされた家族の講演会・交流会
 「病気で最愛の我が子を亡くすという悲しみや苦しみ」についての理解、学び、気づきの機会として専門家による講演会とその後当事者同士での分かち合いを目的とした交流会を行う。
250,000
田渕ちかこ がん研究基金 14 地方独立行政法人
大阪府立病院機構大阪府立成人病センター 医長 三吉 範克
(大阪市東成区)
がん研究
 固形癌の新規初代培養法の確立。
1,000,000
タケイ基金 15 横浜市立大学医学系研究科
消化器・腫瘍外科教室
(横浜市金沢区)
がん研究
 膵癌におけるCRMP4リン酸化機構の解明。
500,000

青少年の健全育成      13件  2,100,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 NPO法人
発見工房クリエイト
(川崎市麻生区)
自由な発想で自然現象・法則を観察できる展示教材の開発
 基本的な力学である、作用反作用、運動量保存則などを実際に観察し、自由な発想で試すことができるクリエイト科学館の展示教材を開発する。
100,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 エコおもちゃ作り市民塾
(大阪府摂津市)
地域の子どもたちとおもちゃ作りを通じて世代間交流を行い、健全な成長を見守る活動
 地域の公民館、コミュニティセンター等で子どもたちとおもちゃ作りを行い、世代間交流を図る。物づくりの基本を学んでもらい、核家族化で薄くなっている世代間交流をしながら、物を作る、遊ぶという子どもたちにとっては基本的なことを基盤において活動する。
150,000
西川真文・睦栄基金
江田直介・静子健やかな青少年育成基金
兵庫子ども支援団体
(兵庫県加東市)
学習支援活動[かがやき2016]
 低所得収入世帯、ひとり親世帯、多子世帯といった貧困世帯に、学習支援や工作活動や料理活動などといった体験活動を実施する。
(100,000)

(10,000)


110,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 公益財団法人
大阪府国際交流財団
(大阪市中央区)
H28年度 グローバル人材育成プログラム
 多様な国・地域出身の高度人材との相互交流や意見交換の機会を通して、互いの文化等の理解や関心を深めることで、グローバル人材として国際化社会で活躍する若者の育成をめざす。
48,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 参画ネットなら
(奈良県生駒市)
デートDVストーカー防止・DV予防教育推進事業
  ストーカーやドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)、いわゆるDVが多発している。子どもたちをストーカーやDVの被害者にも加害者にもしないよう、これまで実施できていなかった障がいのある子どもたちへのプログラムも作成し、より多くの若者にストーカー・DV予防教育出前授業と相談事業を行う。
200,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 NPO法人
人と化学をむすぶ会
(神戸市北区)
おもしろ環境科学実験
 ①小学生から一般の市民まで幅広い参加者と環境や科学に関
   する実験を行う。
 ②学校では経験できないような実験をやさしくおもしろく行う。 
 ③参加者が在住する地域へ出向いて行う。
100,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 NPO法人
兵庫県若者らの自立を考える連絡会
(兵庫県姫路市)
ひきこもっていた若者に再チャレンジの機会を与える
 何らかの原因で、ひきこもっていた若者たちに、再出発の機会を与え、失っていた自信を取り戻すチャンスを何度でも与えることを考える手助けをする。
200,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 こどもひろば
(大阪市天王寺区)
こどもひろば初めて体験ツアー2016
 孤立しがちで、社会的体験が乏しい外国にルーツを持つ子どもたちを主な対象とした体験交流活動を、関係諸団体と協力しながら実施する。当事業で実施する活動は、さまざまなルーツを持つ子どもたちによる共同活動であり、多文化共生の街づくりに資するものとなる。
100,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 NPO法人
フリースペースふきのとう
(長崎県佐世保市)
子どもサミット -不登校を通して思うこと-
2004年大久保小事件、そして2014年、私たちの街で子どもによる痛ましい事件が再びおきた。子どもたちの生の声を聴きたい、そんな思いで「子どもサミット」を開催する。学校のこと、友だちのこと、家族のこと、子どもの心の叫びは大人たちの心を温かく溶かしてくれる。(小・中・高校生・青年のパネリストたちが語る)
250,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 10 志塾フリースクール「ラヴニール」
(大阪市生野区)
不登校・ひきこもり経験者の語り場「るぱっせ」
 普段なかなか話せない不登校・ひきこもりの経験を、同じ経験をもつ者同士で語り、交流・つながりを深め、自己肯定感を高める場。
182,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 11 NPO法人
再非行防止サポートセンター愛知
(愛知県尾張旭市)
再非行防止のための社会的居場所(グループホーム)提供事業
 出院後戻る住まいがない少年の暮らしを支え、自立を応援する社会的居場所の開設のために必要な準備を行い、再非行を減らし笑顔を増やす、心身共に自立できる環境づくり事業を実施する。
300,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 12 NPO法人
大阪教育相談研究所
(大阪市天王寺区)
登校拒否・不登校、ひきこもりから回復・自立のための講演と個別相談会
 登校拒否、ひきこもりからの回復と自立をめざす支援事業としての講演と相談会を、活動拠点の大阪市と府内2市の各地で同名称で同時期に開催し、当事者の保護者、学校関係者、市民の幅広い参加で理解と援助のあり方を考えあう場とする。
100,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金
西川真文・睦栄基金
13 さばえ・ロボット・クラブ Roboject
(福井県鯖江市)
ロボット作りを通して、親子の絆を深めながらエンジニアの卵を育てる事業
 子どもたちの理科離れやものづくりへの関心が薄らいでいる中、その解消を目的に、簡単なロボットキットで最新の科学技術を体験できる「親子ロボット教室」を開催。柔軟な発想で様々なロボットを作り、科学技術に対する関心を高め、エンジニアの卵を育てる。
260,000

社会教育・学校教育の充実      16件  4,122,560円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
フジキン小島・小川科学教育振興基金 関西大学
(大阪府吹田市)
図書等の購入 98,172
松本ヒロ子奨学基金 桑名市立大山田北小学校
(三重県桑名市)
図書等の購入 99,997
松本ヒロ子奨学基金 桑名市立藤が丘小学校
(三重県桑名市)
図書等の購入 100,252
松本ヒロ子奨学基金 桑名市立日進小学校
(三重県桑名市)
図書等の購入 99,230
元朝会教育振興基金 岸和田市立修斉小学校
(大阪府岸和田市)
図書等の購入 149,926
元朝会教育振興基金 岸和田市立産業高等学校
(大阪府岸和田市)
図書等の購入 200,000
元朝会教育振興基金 岸和田市立春木小学校
(大阪府岸和田市)
図書等の購入 148,710
元朝会教育振興基金 岸和田市立八木南小学校
(大阪府岸和田市)
図書等の購入 149,784
元朝会教育振興基金 岸和田市立土生中学校
(大阪府岸和田市)
図書等の購入 150,420
緒方弘文・信子基金 10 NPO法人
ACC・希望
(東京都目黒区)
ともだち未来便
 手作りの布袋に詰めた文房具や玩具をカンボジア僻地の小学校の児童一人ひとりに配布するとともに、教科書、児童図書などの教材を支援。日舞などの日本文化の紹介、両国児童の絵手紙交換などによる交流をはかる。
576,069
大阪府教員研修のための梶本基金 11 大阪私立学校保健会
(大阪府守口市)
大阪私立学校保健会の保健振興事業
 学校における児童生徒の安心・安全を提供する学校保健活動として「健康管理」と「健康教育」に取り組む学校医、学校歯科医、学校薬剤師、保健主事、養護教諭の5部会より成り立つ組織で、学校保健に関わる諸課題について時代に即応した研究・事業を展開する。
250,000
大阪府教員研修のための梶本基金 12 大阪府学校保健会養護教諭部会
(大阪府吹田市)
大阪府学校保健会養護教諭部会の健康教育推進活動
 大阪府学校保健会との連携を密にし、学校保健に関する研究や、大阪府下の会員(養護教諭)の資質向上を図るための研修を深め、府内の子どもたちの生きる力を育む教育に寄与する。
300,000
大阪府教員研修のための梶本基金 13 小学校教員の英語力を伸ばす会
(大阪市平野区)
小学校教員の英語力を伸ばす講座・ワークショップ、及びメールによる質問受け付け
 英語は平成32年度から小学校の正式教科になる。残された時間と全国の小学校数からみて官制研修の質量は充分とはいえないので、本会の英語教育の専門家が少しでも多くの小学校教員の英語指導の知識・技能を、講義やワークショップで伸長させる。
100,000
大阪府教員研修のための梶本基金 14 大阪私学生徒指導連盟
(大阪市都島区)
第38回 研究協議会
 33年にわたり調査・研究を行ってきた大阪府下私立高等学校における「退学性・留年生調査」、高校生の意識調査「2016高校生像」、中学生の現状調査の結果を報告する。また、8支部の教育実践・指導事例も報告する。
100,000
大阪府教員研修のための梶本基金 15 大阪府高等学校生物教育研究会
(堺市東区)
大阪府下の教員を対象とした生物実習を主とした実験研修と生物教材のアーカイブ化
 学校における理科教育においては実験・観察が重要であり、1948年に誕生した本会では実験教材の開発と研修を行ってきた。本事業では、これから指導者となる若手教員に対する実験手法の研修と、蓄積してきた生物教材のアーカイブ化による伝承を目的とする。
800,000
大阪府教員研修のための梶本基金 16 大阪府教育センター
(大阪市住吉区)
CST(コア・サイエンス・ティーチャー)養成及び活動支援事業
 大阪府下の小・中学校教員を対象に、各市町村、地域の理科教育の核となる教員を育成する研修を実施し、修了者のうち一定基準に達したものをコア・サイエンス・ティーチャーとして認定するとともに、認定者による研修活動を支援する。
800,000

芸術文化の発展・向上      3件  1,450,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
片山千歳古典芸能振興基金 公益財団法人
大槻能楽堂
(大阪市中央区)
大槻能楽堂自主公演 夏休み 親子教室
 おやこ、初心者を対象とした、日本伝統芸能「能楽」を観て・聴いて・体験する!!全身で感じてもらう公演。子どもを対象として鑑賞前に囃子・謡・能面体験などを実施する。
400,000
片山千歳古典芸能振興基金 まるおか子供歌舞伎を支える会
(香川県坂井市)
子供歌舞伎教室
 一流の歌舞伎指導者からの演技指導を通して、礼儀作法等の指導も行い、児童の健全育成を図り、日本伝統文化「歌舞伎」を広く周知し、地元に子供歌舞伎の定着を図る。
350,000
片山千歳古典芸能振興基金 アトリエ オガ.
(大阪市中央区)
Eenen延年 VOL.9コンメディア合戦 イタリア仮面劇VS狂言
 狂言とコメディア・デッラルテの比較と融合・劇形態を探る。
700,000

多文化との共生      6件  2,450,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金 公益財団法人
とよなか国際交流協会
(大阪府豊中市)
在日外国人高齢者の居場所づくりに係る調査事業
 高齢化する外国人の居場所づくりを行うにあたり、豊中市内の外国人高齢者の実態と課題及び先進地域の実施事例を把握し、事業実施につなげる調査を実施する。
500,000
柏岡精三
記念基金
匿名基金NO.11
フナガ社会福祉基金
藤崎基金
こどもに夢を!基金
災害救援活動支援基金
いいづか人材育成グループ『ユリシス』
(福岡県飯塚市)
“国際交流のすすめ”『地引Amigo!!~外国人と海洋体験を~』
 中高生メンバーが中心となり、来日後、生活文化の違いや語学の問題で日本での生活に馴染めないでいる外国人を対象に、海洋体験事業(地引網体験・調理体験)を企画・実施し、継続的な交流のきっかけづくりとするとともに、身近にできる国際交流を行い、中高生メンバーの国際理解を深める。また、異文化交流に興味関心のあるメンバー以外の中学生も対象とすることで、事業を通じてメンバーとの交流を促し、グループ活動の活性化につなげる。
(199,995)

(1)

(1)

(1)
(1)

(1)

200,000
柏岡精三
記念基金
大西グループ奨学基金
羽藤秀雄、ぬゑ教育基金
ディズニーこども基金
A.SAKAI基金
NPO法人
にほんご豊岡あいうえお
(兵庫県豊岡市)
外国にルーツをもつ親子が通える日本語教室の開催
 日本人男性と結婚し、その後、母国から子どもを呼び寄せるケースがある。その場合、母親も、子どもも日本語を勉強する必要がある。しかしながら、なかなか一緒に通える教室がないのが現状である。外国にルーツを持つ親子が一緒に通える日本語教室を開催する。
(292,850)

(4,987)

(2,054)

(59)

(50)

  300,000
だいしんビジネスふれあいスマイル基金 にほんごサポートひまわり会
(大阪市東住吉区)
日本で子育てする外国人親子を地域で支えるプロジェクト
 外国人親子に対して、日本人と交流して日本語や地域社会に親しむ場を設けると共に、必要な情報を提供する。また、日本人の支援者に対して、支援に必要な情報を提供する。
250,000
匿名基金NO.22 NPO法人
神戸定住外国人支援センター
(神戸市長田区)
貧困家庭(主としてマイノリティ貧困家庭)で育つ中・高校生の居場所づくり事業
 当センターが位置する神戸市長田区は古くから厳しい経済状況に置かれたマイノリティ(被差別部落者、外国人等)が多く暮らし、生活保護受給率が神戸市で一番高い貧困地域である。この地域で育つ子どもたちが自尊心を持ち、貧困の連鎖を断ち切り、社会を支える一員となれるよう、支え合える仲間づくりができる居場所づくり事業を行う。
500,000
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金
匿名基金NO.22
NPO法人
関西国際交流団体協議会
(大阪市中央区)
外国人母子の自立支援と地域活動への参加促進事業
 大阪では在住外国人、国際結婚が急増し、外国人母子家庭の社会的孤立が顕在化している。NPO・行政等による協働・連帯を通じたネットワークで彼女らの自立を支援し、彼女らが地域の一員として共に暮らしていく社会の実現を目指す。
(500,000)


(200,000)

700,000

開発途上国への支援       14件  9,920,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
Koto Syoko,JAPAN基金 認定NPO法人
アジアチャイルドサポート
(沖縄県沖縄市)
ネパール マハンカール小中学校給食支援
 ネパールの地方に位置するマハンカール地区の人々が、低いカースト(階級)による貧困から前に踏み出すため、地域全体で子ども達の教育に積極的な参加を推進する学校給食支援を行う。
300,000
がっこう基金 NPO法人
地球市民の会
(佐賀県佐賀市)
ミャンマー連邦共和国シャン州、少数民族居住地域における小学校補修及び維持管理体制整備事業
 少数民族・パオー民族が住むカウンヤタン村の小学校舎補修を実施。費用は村が一部負担し、補修時からオーナーシップを高める。同時に維持管理委員会を組織し、維持管理体制を整える。
1,000,000
がっこう基金 認定NPO法人
ESAアジア教育支援の会
(東京都狛江市)
インド・ダージリン 山間の小・中学校の多目的ホール建設
 ダージリンの山間にある小学校には、教室以外の活動部屋がない。全校集会や発表会、保護者会など日々、子どもたちの成長を促す場所として使用できる多目的ホールを建設する。
700,000
がっこう基金 NPO法人
日印教育支援センター
(京都市左京区)
インドの最下層の子どもたちの無料の学校を国認可の学校(CBSE)にするためのトイレの設置
 インドのブッダガヤにある最下層の子どもたちの無料の学校をCBSE認可の学校にするために必要なトイレを新設する。
1,000,000
ストリートチルドレン等救済基金 NPO法人
アイキャン
(名古屋市中区)
マニラ市の路上の子どもの命を守るドロップインセンタープロジェクト
 フィリピン・マニラ市の路上の子どもたちに、日々、栄養価の高い食事と基本的な教育、シャワー等を提供することで、命の危険にさらされている路上の子どもたちの命を守るプロジェクト。
1,000,000
ストリートチルドレン等救済基金 認定NPO法人
国境なき子どもたち
(東京都新宿区)
ストリートチルドレンを対象としたドロップインセンターの運営
 バングラデシュの首都ダッカで生活するストリートチルドレンは日々の食事もままならず、また、路上生活は暴力や危険に常にさらされている。彼らが日中訪れることができ、食事を食べ、教育や愛情を受けられる場所を提供することを目的とし、ドロップインセンターを運営する。
1,000,000
匿名基金NO.22 NPO法人
「ネパール・ヨードを支える会」
(兵庫県宝塚市)
ネパール・健康衛生改善プロジェクト2016
 ネパールの農村地帯の母親・児童の生活改善のため、ヨード補給、栄養衛生教育、トイレ改築の支援を行って、農村の健康・衛生面の充実を目指す。
500,000
匿名基金NO.22 NPO法人
テラ・ルネッサンス
(京都市下京区)
ウガンダ北部における元子ども兵社会復帰プロジェクト
 3年間で、元子ども兵が経済的に自立するとともに、地域住民との関係を改善しながらコミュニティで安心して暮らせるよう、社会復帰に必要な知識や職業技術訓練を提供する。
1,000,000
匿名基金NO.22 NPO法人
国際地雷処理・地域復興支援の会
(愛媛県松山市)
地雷処理専門家の派遣事業
 当会はカンボジア北西部において地雷処理活動及び地域復興支援活動を住民参加の下行っている。現地への日本人専門家の派遣、カンボジアからの留学生招へいを通じ、友好交流を促進する。
700,000
匿名基金NO.22
川嶋昇基金
10 NPO法人
障がい者スポーツFriendly Action
(大阪府豊中市)
Friendly Action in Cambodia カンボジアの知的障がい者、児童養護施設の児童とサッカーを楽しもう!
 カンボジアのプノンペンにて、社会参加を進めたい障がい者及び他者とつながる機会の少ない児童養護施設の子ども達とサッカーを通じて、障がい者の社会参加、児童養護施設に暮らす児童との交流を図る。
(170,000)

(150,000)

320,000
前田 哲基金 11 モザンピークのいのちをつなぐ会
(北九州市小倉南区)
モザンピーク共和国 スラムの学舎・寺子屋 施設整備と教室活性化事業
 2013年よりモザンピーク共和国カーボデルガド州最大のスラム地区であるペンパ・ナティティ地区に無教育の連鎖を断ち切るべく、スラムの学舎・寺子屋の建築を進めている。2015年1月からパソコン教室・英語教室・音楽教室を開講しているが、雨漏りのため電気設備が中断し、また泥棒が侵入しており、外壁ブロック建築を補強する必要がある。防犯安全性をしっかり整備し、本格的に寺子屋を活性化する。
1,000,000
野の花友愛基金 12 学校法人
アジア学院
(栃木県那須塩原市)
アジア農村指導者養成事業、ミャンマー女性学生への奨学金
 アジア学院アジア農村指導者養成専門学校には、毎年開発途上国から約30人が入学して農村指導者養成研修に臨むが、その中で特に経済状況の悪いミャンマーの農村から入学予定の女性学生の学業を支えるためにこの基金を充てたい。
200,000
野の花友愛基金 13 NPO法人
シャプラニール=市民による海外協力の会
(東京都新宿区)
2016年度全国キャラバン及びネパール応援イベント
 シャプラニールが支援活動をしているネパール事務所の所長を帰国させ、ネパールでの支援活動について全国10~20カ所をまわり講演をする。
800,000
野の花友愛基金 14 NPO法人
日本国際ボランティアセンター
(東京都台東区)
イラク・キルクークの国内避難民の子どもたちの心のケア
 キルクーク市のラパリン地区に「平和の広場」を開設、紛争の影響を受けている「子どもたち」を対象とし、「平和」、「融和」をテーマとしたワークショップと専門家によるカウンセリングを実施。段階的に保護者やコミュニティの代表らにも対象を広げていく。過酷な体験により心に傷を負っている子どもたちも多いため、心理学専門家やソーシャルワーカーも参加し、精神的なケアにも力を入れる。
400,000

環境の保護・保全       27件  8,667,400円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
東洋ゴムグループ環境保護基金 山崎川グリーンマップ
(名古屋市瑞穂区)
山崎川の在来種保護と生き物図鑑作成
 在来種保護のために、生き物観察会や調査を行う。これからのリーダー育成も念頭に置いている。その結果をもとに、「山崎川生き物図鑑」を作成する。
250,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 NPO法人
白神山地を守る会
(青森県青森市)
白神山地のブナの育林と植林で地球温暖化を防止する事業
 昨年はブナの種がたくさん採れたので、コンテナ苗づくりを展開し、現在コンテナ苗が5000本ほど育っている。2~3年で山に植えられるので、引き続き手入れしていく。また、秋には地植えの種まきを実施し、育林と植林活動を展開する。
800,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 里山の山野草を守る会
(奈良県香芝市)
自生する山野草の保全と管理
 近年、山間部や中山間地域において、放棄水田や耕作放棄地、放置山林が増加し荒廃が進んでいる。このような地域では、環境変化が要因となって、希少な自生植物の生育・生息地が脅かされ、減少に拍車をかけている。この自生山野草の保全に手を差し伸べて、消滅や現象に歯止めをかける。
300,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 四日市ダンボールコンポストの会
(三重県四日市市)
ダンボールコンポストで生ごみの堆肥化
 家庭から出る生ごみをダンボールコンポストで堆肥化する。生ごみを出さない・運ばない・燃やさない!焼却経費の削減・CO2の削減になり、家庭でできる地球温暖化防止活動になる。
50,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 NPO法人
モスグリーンEco
(滋賀県犬上郡)
琵琶湖のヨシとコケを使った子ども達の環境保全体験学習
 地元の小学生に里山の荒廃農地を活用して、コケを栽培する課外学習を体験することと、自宅にコケを持ち帰りプラスチック容器でコケを育てる実験。また、荒廃農地で栽培育成したコケを、琵琶湖のヨシで編んだヨシパネル表に貼り付けるコケパネルを製作し、建物の緑化に活用することで温暖化抑制、省エネに貢献できるなど、環境教育の一環とする学校の教育活動に協力する事業。
200,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 高砂海浜公園海辺の保全集いの会
(兵庫県高砂市)
アオサ回収とアオサ堆肥化プロジェクト
 高砂海浜公園海辺に大量発生したアオサを回収して、公園の隅で堆肥化する。また、美しくなった海辺で地引き網や潮干狩り、干潟の生き物観察を行う。
350,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 NPO法人
すいた環境学習協会
(大阪府吹田市)
地域小中高校の環境教育の支援並びに地域の環境保全活動の実践及び普及啓発
 小中高校の正規の授業としての体験型環境学習の指導と支援活動。行政・公民館等との連携による市民対象の環境講座、体験講座。地域の環境整備。里山保全活動。ホームページ、広報誌等の広報活動。
320,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 NPO法人
東大和ごみレスくらぶ
(東京都東大和市)
里山における竹林の間伐材の生ごみ処理への再利用
 東京都と埼玉県の境に位置する狭山丘陵の里山保全のための竹林整備と、竹間伐材の竹パウダー並びに竹チップに加工し、生ごみ処理や畑の土壌改良剤として再利用することによる循環型社会構築への応用。
400,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 島根県立出雲高等学校自然科学部
(島根県出雲市)
特定外来生物ウシガエル駆除で在来生態系の保全と生物多様性の確保と有効利用による教材化
 出雲市には多数のため池があり、特定外来生物のウシガエルが繁殖し、多数の子ガエルが河川に池から進出している。その結果、準絶滅危惧種であるトノサマガエル、イモリを中心とした在来生物の生息が脅かされている。そこで、ウシガエルの交尾期、成長期、子ガエルの進出期に駆除し、在来生態系の保全と生物多様性の確保を図る。また、その有効利用で教材化し、将来の地域を担う生徒たちに環境保全の意識を高めさせる。
500,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 10 NPO法人
竹林救援隊
(岐阜県各務原市)
放置竹林の整備と地域の子ども達との自然学習
 竹林整備活動で、美しくなった竹林を子ども達と共有して、竹の有効利用及び地域の環境に及ぼす大切さを学び、子ども達と地域住民の方々との連携を図り、自然豊かな町づくりを進める。
200,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 11 権現森自然研究会
(仙台市青葉区)
吉成地域の緑を守り、子どもたちに自然の大切さを伝えよう!
 地域の里山『権現森』の自然を守り、子どもたちに自然の楽しさ、大切さを伝えるため、地域の子育て支援グループ、保育所、児童館、小中学校等と連携しながら緑の活動の支援を行うとともに、市民を対象にした自然観察会等を開催する。
100,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 12 上関の自然を守る会
(山口県熊毛郡)
上関海域における希少鳥類(カンムリウミスズメ/オオミズナギドリ/カラスバト/アマツバメ)保護のための生態調査と普及活動
 上関海域はカンムリウミスズメの周年生息域であり、島嶼部にはオオミズナギドリ、カラスバト、アマツバメの繁殖地がある。しかし、これら希少鳥類の個体群は脆弱で絶滅が危惧される。保護対策の確立のため生態解明と普及活動を行う。
700,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 13 海守さぬき会
(香川県高松市)
故郷の海レスキュー隊計画2016
 県内の小中学生を対象とした、海ゴミは発生抑制に係る体験型環境学習会を開催し、多くの子どもたちに「故郷の海は、自分たちで守る」という気持ちを持ってもらうとともに、リーダー等の人材育成を図る。
300,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 14 山田の里グリーンクラブ
(神戸市北区)
「山田の里・学習の森」と環境体験学習
 放置され荒廃した里山林を整備・保全し、棚田を復旧・再生する。整備・保全された里山を地域の子どもたちの環境体験学習の場として活用し、併せて指導・サポートを行う。
150,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 15 NPO法人
桑竹会
(三重県桑名市)
桑員竹林整備による環境保全事業と地域社会の活性化
 高齢化と後継者不足で放置竹林が増えている。荒れた竹藪を災害にも強く美しい竹林に整備して里山の保全を図る。また、竹林の良さと事業内容を知ってもらうため住民参加のイベントを開催し、地域の活性化に寄与する。
250,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 16 里山的暮らしECO TASK TEAM
(京都府綾部市)
里山で遊ぶ、里山と遊ぶ
 過疎化、超高齢化したムラのみんなが里山を再生し、創り上げた「八塚もみじ谷」。この里山再生フィールドで、次世代へ「何を」「どのように」バトンタッチできるのか。
200,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 17 六甲山を活用する会
(神戸市灘区)
六甲山の魅力づくりを浸透して、環境保全の担い手も増やす
 六甲山の魅力発見活動から、まちっ子の森や散歩道づくりに進展した。市民主導の実践成果を伝承し、山麓市民や学生の理解を促進し、環境保全の担い手に啓発する。
350,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 18 NPO法人
WITH
(岐阜県各務原市)
マングローブ植樹事業
 フィリピンで現地の住民や子どもたちと一緒にマングローブの植樹を行い、地球温暖化防止・地球環境の保全を図るとともに、自然の大切さを植樹体験を通じて現地の人々とともに学び、考える
300,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 19 NPO法人
ホタル燦燦会
(大阪府阪南市)
ホタルの再生を通して、自然環境の保全と回復事業
 ホタル燦燦会は2007年からホタルの再生を通して、自然環境の保全や回復活動に取り組み多くの成果を上げてきた。来年度、発足10周年を迎えようとする中で、活動成果の検証を行い、記念誌の発行と今後の取り組み継続に向けてのイベントを開催する。
200,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 20 NPO法人
山の自然学クラブ
(東京都杉並区)
富士山南麓における森林復元活動と環境教育活動
 富士山南麓において、台風による人工林風倒被害地を富士山本来の広葉樹林に復元する活動及びそれに伴う環境教育活動。
500,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 21 NPO法人
瀬田川リバプレ隊
(滋賀県大津市)
琵琶湖・瀬田川の環境保全活動及び地域住民や子どもたちへの啓蒙広報活動
 琵琶湖は滋賀県はもとより、京阪神1450万人にとって大切な水の源であり、琵琶湖・瀬田川の環境保全は必要不可欠の問題。環境美化活動、生態系保全活動等を通じて、地域住民や各団体との協働により、次世代に引き継ぐ活動を目指す。
300,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 22 NPO法人
環境21の会
(兵庫県明石市)
水養液栽培と炭による地産地消の推進
 水養液栽培と炭による地産地消の推進で森林保全と「Farm to Table Living」推進で温暖化防止と地域の活性化をはかる。
250,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 23 NPO法人
阿蘇花野協会
(熊本市東区)
阿蘇花野再生プロジェクト
 野焼きや草刈り・草集めを行うことにより、阿蘇の野の花が豊かに咲く草原「花野」を再生し、ハナシノブやツクシマツモトなど絶滅が危惧される草原植物の生育環境を保全する。
550,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 24 NPO法人
棚田LOVER’s
(兵庫県神崎郡)
棚田エコ学園生き物コース自立、波及事業~生物多様性活動戦略の実現と普及啓発~
 昨年の事業を継続、発展させ、本団体が策定した生物多様性活動戦略を普及啓発するとともに、その実践活動を展開する。棚田エコ学園「棚田とその周辺の都市・農村をフィールドに、人がつながり、夢を語り合う環境学習の実践・学びの場」での体験を通して、地域の資源や環境を未来につなぐ人材の育成の事業が自立できるように継続して取り組む。
200,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 25 三重大学 ウミガメ・スナメリ調査・保全サークル「かめっぷり」
(三重県津市)
三重県北中部におけるアオウミガメの上陸・産卵及びウミガメ類・スナメリの漂着個体調査
 三重県北中部においてアオウミガメの産卵巣の保護や、スナメリやウミガメ類の死亡漂着個体の調査、出前授業や見学会などによる地域住民への啓発活動。
400,000
東洋ゴムグループ環境保護基金 26 田毎の月棚田保存同好会
(長野県千曲市)
名称・重要文化的景観「おばすて(田毎の月)」の棚田の保全活動
 棚田の風情をよみがえらせ、「耕作の継続」による棚田の保全をすすめ、美しい棚田を後世に受け継ぐとともに、農業の大切さ、人と人のふれあいを深める。
380,000
大輪会ふれあい基金 27 箕面・花とみどりの学校運営委員会
(大阪府箕面市)
市民による「箕面・花とみどりの学校」運営事業
 「花とみどりの学校」を軌道に乗せるため、前年度に引き続き①公募による第2期の【初級クラス(園芸基礎コース)】、及び②第1期修了対象の【中級クラス(フォローアップ講座)】を開催する。
167,400

地域社会の活性化      14件  4,986,660円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金 IWF実行委員会
(大阪市旭区)
ワークショップフェスティバル・ドアーズ10Th~大阪の人材を繋ぐワークショップの見本市~
 古典芸能から最新アートまで様々なワークショップが100種類! 市民講師・コーディネータによる文化体験プログラム。
500,000
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金 NPO法人
南大阪電脳支援集団
(大阪市阿倍野区)
情報活用スキル向上を図る社会教育でコミュニティ作り
 地域の方が集まるレンタルスペースでパソコン教室を開講する。対象は、パソコンが使えない中高年の方。このパソコン教室で地域の方が情報活用スキルを身につけ、新たに教室に学びに来られた方を教え合う、そのような学びの場を作る。
300,000
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金 一般社団法人
コミュニティマネジメント協会(CMA)
(大阪市東淀川区)
あんしんドアセンサーによるコミュニティ・ケア事業2016
 高齢者等の孤立・孤独死防止を目的とした簡便で安価な安否確認ドアセンサー、公共施設等による中継連絡体制、地域コミュニティ連携の3つのセーフティネットによる見守りシステム運営事業。
200,000
大阪信用金庫ふれあいスマイル基金 アートエリアB1
(大阪市北区)
鉄道芸術祭VOL.6「ストラクチャーの冒険」(仮)
 大阪と京都を繋ぐ京阪電車「なにわ橋駅」地下1階のコンコースにあるコミュニティスペース「アートエリアB1」で毎年開催している企画展の第6弾。美術、演劇、言葉、音、視覚に続く本事業では、世界を構成する基礎を成すものとしての「ストラクチャー」をテーマに、現在の世界における社会や経済システム等を構成する様々な既成概念や既知のストラクチャーを、アーティスト独自の視点を通して捉え直し、創造的にそれらを超域する表現の冒険を試みる。
300,000
柏岡精三
記念基金
NPO法人
ウエザーフロンティア東海
(名古屋市東区)
災害からいかに「逃げ時」を見極めるか
 タイムライン防災とDIGの手法を活用して、自らの避難行動計画を検討する。災害の危険が迫っていても、「わがこと」として認識できず、避難行動をとらなかったり、遅れがちとなる強固な「正常化の偏見」を打破し、自ら「逃げ時」を見極めることができるように、当該地域で防災気象情報の講演とワークショップを組み合わせた活動を行い、時系列で避難行動の在り方について検討する。
600,000
柏岡精三
記念基金
一般社団法人
ほほえみみやぎネットワーク
(宮城県角田市)
津波で流されてしまった旧東保育所を公園に
 現在は更地になり、荒涼とした場所になっている。周辺住民からは「寂しい」との声があり、コミュニケーションの場づくりも含め、公園にする。
350,000
柏岡精三
記念基金
ストラッフホフ・ファミリー基金
活力ある大阪を求める会基金
メドトロニック奨学基金
匿名基金NO.16
稲垣昇・こと基金
おんらく市場
(京都市左京区)
親子で参加する地域楽団によるコミュニティ再生プロジェクト
 京都市内で、小学生と保護者が親子ペアで参加する地域楽団(合唱と創作楽器の演奏)を編成し、プロ、アマの音楽家も交えて定期的な練習を重ね、地域で複数の演奏発表会を行い、多世代が交流するしくみをつくる。
(157,478)

(15,000)


(50,000)


(17,301)

(6,351)

(3,870)

250,000
柏岡精三
記念基金
金沢好子がん研究基金
匿名基金NO.17
西日本高速道路エリア・パートナーズ倶楽部地域活性化基金E
西日本高速道路エリア・パートナーズ倶楽部地域活性化基金C
飛翔子ども基金
剛一基金
NPO法人
スポーツ・ビジネス・サロン
(神戸市中央区)
神戸スポーツ映画祭! コンペ部門
 神戸が日本で発祥の地とされる、サッカーやマラソンなどのスポーツをテーマにした映画祭を国内、国外問わず6作品程度上映し、スポーツ映画の魅力向上に寄与することをめざす。2016年度から自主制作作品を中心としたコンペ部門も開催。
(276,370)

(8367)

(6,410)

(651)




(46)




(7,496)

(660)
300,000
匿名基金NO.22 NPO法人
エナジーフィールド
(滋賀県近江八幡市)
BIWAKOビエンナーレ2016及びアート事業による地域の活性化
 2001年に誕生した"BIWAKOビエンナーレ”も来年7回目を迎える。拠点である近江八幡では、すでに定着した地域の芸術祭という位置を占め、それを軸にさまざまな試みが常になされている。来年からは、地元病院とも連携し、”病院アートプログラム”も始まる。
1,000,000
匿名基金NO.22 10 貝塚まちなかアートミュージアム実行委員会
(大阪府貝塚市)
貝塚まちなかアートミュージアム2016
 すべての表現者たちの、文化発信基地へ。市民で創る「貝塚まちなかアートミュージアム2016」を開催する!!
300,000
匿名基金NO.22 11 NPO法人
子育てネットワークゆっくっく
(千葉県野田市)
脱「孤立無援」の地域環境づくりを目指した子育て応援ワーク“0才児を持つ親子に厚く支援する”
 子どもの虐待発生防止につながる新しい事業(ホームスタート)や子育てを優先しながらも、社会との関わり続ける第3のライフスタイルとして、最も虐待傾向が高い0才児を持つ親子に支援していくことで、子育てを元気にしていくことができる。
200,000
ばんちゃんさわやか基金
畑田ポチ&パイパイ基金
和泉市くすの木基金
竹内鐡二学校・社会教育振興基金
再彩市場基金
12 武庫之荘水と緑のまちづくりプロジェクト実行委員会
(兵庫県尼崎市)
第5回武庫之荘駅前ロータリー祭り
 地域の人々(障害者・高齢者・勤労者・学生・子ども・駅前商店等)が、お互いを理解し合い助け合う、人にやさしい街・武庫之荘を作ろう!そんな思いで街の緑化、放置自転車の削減、水路の保全浄化等に取り組んできた。地域のきずなをさらに強化するため「武庫之荘駅前ロータリー祭り」を、継続成功させる。
(192,340)

(7,088)

(2)

(69)


(501)

200,000
大阪シティ信用金庫せんだぎ基金 13 阿武山音楽会
(大阪府高槻市)
第15回阿武山音楽祭 みんなでつくる100人の大合奏
 クラシックからポップスまで幅広い曲目を演奏する。こどもコーラス「コールキッズあぶやま」とのコラボもある。
300,000
大阪商工会議所第21代会頭佐治敬三顕彰基金 14 住みよいまち&絆研究所
(大阪市中央区)
古写真「つながる」プロジェクト~高齢者と子どもたちを古写真でつなぐ
 昨年まで収集してきた地域の古写真や思い出を活用し、地域の子どもたちに、昭和20年~40年代をどのように暮らしてきたか、戦後の復興やまちのかたち、生活文化について、語り継ぐ・伝承していく仕組みを実験的に構築し、地域の高齢者と子どもたちを思い出で繋ぐことで、高齢者の新たな生き甲斐創出と子ども達の故郷意識の醸成を図り、地域福祉の向上に役立てる。
186,660

健康増進、健全育成の支援      2件  200,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
大阪スポーツ振興基金 NPO法人
東京都ウオーキング協会
(東京都千代田区)
NPO東京都ウオーキング協会主催ウォーキングイベント2016
 当協会会員及び他協会会員、一般参加者等による参加者相互の健康と体力づくり・仲間づくりを目的とした、都内の公園等を中心に3km~50kmのウォーキング大会、例会、ミニウォーク、ウォーキング教室を土日祝日を中心に開催。
100,000
大阪スポーツ振興基金 NPO法人
健康開発倶楽部
(大阪府吹田市)
年齢や障害の区別なく、健康の維持・増進を支援する事業「ノルディックウォークのすすめ」
 医療、健康、リハビリに関する相談会及び初心者講習として、ノルディックウォーキングの効果・方法指導、体験会を開催。受講者にはノルディックウォーキング定例会を開催。
100,000

震災復興支援      20件  18,950,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野1 NPO法人
パワーアップ支援室
(岩手県北上市)
被災者の今と未来を支える新たなコミュニティ助成事業(宮田仮設団地自治会との協働)」
 変動期にある被災地の現状において、今と未来に必要となる支援を多方面から行い、被災者や地域の未来を形成していくコミュニティの醸成事業。
2,500,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野1 NPO法人
wiz
(岩手県大船渡市)
岩手県沿岸部での復興・地域活性化に関わる若者コーディネート事業
 被災地で活躍する若者の活動促進と将来的な担い手育成に向けた仕組みとして、実践型インターンシップのコーディネート、岩手に特化したクラウドファウンディングでの情報発信・資金獲得のコーディネート、首都圏での若者コミュニティーの構築を行う。
3,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野1 NPO法人
亘理いちごっこ
(宮城県亘理郡)
亘理育み事業
 児童生徒の学習サポートを行いながら見守り、居場所づくりを行っていく。その下支えとして亘理特産を使った食品製造加工を行う。地域発信、雇用創出、産業発展の一端を担う。
4,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 「大空へ飛べ」実行委員会
(富山県小矢部市)
「大空へ飛べ」東北ボランティアコンサートⅢ
 平成28年9月16日(金)~18日(日)にメンバー50名で宮城県東松島市、石巻市の仮設住宅などでミニコンサートを行い、震災の被害にあった方々、子ども達と交流会を行う。
300,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 つるがや元気会
(仙台市宮城野区)
高齢化率が38.3%で、しかも東日本大震災で沿岸部より避難してこられた方が多く住む鶴ケ谷を元気にする交流事業
 高齢化率が38.3%と高く、大震災で全半壊した住宅が18.7%もあり、しか仮設へ避難者が多く住む鶴ケ谷で、家に引きこもりがちになる高齢者も、外に出やすくなる、出たくなる仕組みを考え、実践することで、大震災の被害に負けず、一時も早く立ち直り、明るく元気ある、住んでいてよかったと思う街にする事業を行う。
300,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 NPO法人
総合型りくぜんたかた
(岩手県陸前高田市)
コミュニティ再生、手と手でタッチ
 震災後の陸前高田市に添った『玉入れタイムレース』を考案。ポイントはバトンタッチが手と手。終われば笑顔。大切なのは直接会う。何度も会いに行く。そして続ける。参加人数が少なくても、用具を持って伺う。
300,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 NPO法人
大震災義援ウシトラ旅団
(東京都千代田区)
原発事故避難者のための臨時整骨院開設事業
 福島県いわき市にある「富岡町玉露応急仮設住宅」に柔道整復師を派遣し、臨時整骨院を開設する。避難者の身体的疾患に対して施術を施し、制限のある仮設住宅での生活に対応する運動、体操などを指導する。また、施術の中でできるコミュニケーションから必要な支援内容を調査する。
180,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 東日本大震災復興支援松戸・東北交流プロジェクト
(千葉県松戸市)
広域避難者交流サロン黄色いハンカチプロジェクト
 東日本大震災と福島第一原発により、千葉県東葛地域(松戸・柏・我孫子・流山・野田)に避難している方は、未だ1000人を超える。広域避難者の皆さんが帰還、移住、定住いずれの道を選択するか、よりよい生活に向けた自己決定ができるよう援助する。このために、常設型の避難者交流サロン黄色いハンカチを開設し、避難者に寄り添った支援活動を行う。
1,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 大阪大学災害ボランティアサークルすずらん
(兵庫県伊丹市)
東北支援「のだ暮らし応援交流ツアー」及び関西での物販会の実施
 被災地岩手県野田村で観光ツアーを行う。震災から4年たった野田村の復興する今の姿を体感し、大学生が現地に訪れることで村に活気を与える。また、関西での物販会を開き、多くの関西の方に野田村・東北を知ってもらう機会を設ける。
200,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 10 NPO法人
ふくしまNPOネットワークセンター
(福島県福島市)
移動教室型「ふくしま被災地スタディ・ツアー」事業
 広く福島県外から参加者を募り、地震・津波・原発事故の三重災害の被災地である福島県浜通り現地を視察するとともに、移動の車中において講義及び双方向の意見交流を行う。
500,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 11 みやぎ夢燈花
(宮城県大崎市)
みやぎ夢燈花2016
 「子どもたちの平和と安全」そして「東日本大震災からの復興」を願い、イベント「みやぎ夢燈花2016」を仙台市南中山小学校で開催し、校庭に2016個のろうそくを燈す。
300,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 12 劇団虹
(東京都三鷹市)
劇団虹 地域復興支援プロジェクト
 普段演劇という芸術に触れる機会のない人々に参加型のミュージカルを無償で宅配し、表現の楽しさや喜びを共有するとともに、文化芸術を通して人々を元気づけ復興に貢献する。
200,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 13 NPO法人
鍼灸地域支援ネット
(滋賀県甲賀市)
福島県に住む子どもと家族への「鍼灸マッサージ活動」と東北の鍼灸師への小児はり療法の指導
 福島県内に住む子どもと保護者を対象に、原発事故のストレス軽減と免疫機能の向上を目的とした鍼灸マッサージサロン活動と、東北在住の鍼灸師に対して、関西では伝統的な小児はりを紹介し、その理論と技術の指導を行う。
300,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 14 はみんぐBird
(福島県郡山市)
~レジリエンスプロジェクト~心の回復力を高める対話とワークショップを通して、新しい福島のコミュニティを創造する
 震災後4年8ヶ月が過ぎ、復興/風化ムードの中、水面下で人々の「心の復興」が置き去りにされている現状もある。同じ母親として多様な背景を受け入れながら、日常では声に出せない小さな声に互いが耳を傾け合う対話の場「てとてと会」や、母親の心を開放し自己肯定感を上げるワークショップを行い、困難な状況下においても個人の復活力が向上することで、震災後のコミュニティの復活力も向上し、新しい福島コミュニティの創造に繋げる。
370,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 15 一般社団法人
復興みなさん会
(宮城県本吉郡)
宮城県南三陸町 再建される新市街地におけるコミュニティ再生支援事業
 災害公営住宅の整備や高台移転事業(防災集団移転促進事業)により、新しく形成される市街地において、コミュニティ再建が順調に進むように支援を行い、その成果を情報発信する。
1,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 16 NPO法人
遠野山・里・暮らしネットワーク
(岩手県遠野市)
被災地要支援家庭のコミュニティ形成フォローアッププロジェクト
 東日本大震災被災者の要支援家庭が公営住宅などに移行する際、コミュニティがバラバラになる状況で、早急に地域コミュニティに参加できるフォローアッププロジェクト事業。
1,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 17 アジア子ども基金
(神戸市中央区)
みんな仲間だっちゃ!!学習サポート&子ども食堂 こども未来図書館
 石巻市渡波地区の子ども未来図書館で、学習サポート・子ども食堂を行う。地域の方に学習サポート隊として、子どもたちの勉強を見たり遊び相手になったり、一緒に食事をし、地域で子どもたちを支えていく。
1,000,000
東日本大震災及び原発災害からの復旧・復興活動等支援基金 分野2 18 じどうかんジャンボリーふくしま実行委員会
(福島県福島市)
じどうかんジャンボリーふくしま2016
 福島県内の子供達と児童厚生施設の職員・ボランティア等が宿泊を伴う様々なプログラムを通じ、相互に人格的交流や絆を深め合い、児童健全育成を支援し福島の未来を創造できる人材を育成する。
500,000
東日本大震災復興基金 19 一般社団法人
みんなの手
(京都市伏見区)
東日本大震災避難者の相談窓口開設とこころとからだのケアワークショップと交流会の実施
 京都・関西の避難者に向け、相談窓口を開設するに加えて、ココロとカラダのケアワークショップや交流会などを実施して、避難者の心のケア事業を実施する。
1,000,000
東日本大震災復興基金 20 NPO法人
サンガ岩手
(岩手県盛岡市)
大槌の風を染めるプロジェクト~被災地から発信する藍染め事業とコミュニティビジネスの確立~
 「被災地で藍を育てる」~藍の栽培から染色、手芸品製作までを1年間のプロジェクトとして実施する~
 現在のサンガ岩手の支援者にも藍栽培のオーナーを募り、愛の成長記録や収穫、染色イベントに参加してもらい藍染グッズを還元することで被災地と支援者を繋ぐ地域の人材と資源を生かした新しい形のコミュニティ事業を行う。
1,000,000

社会福祉の増進      38件  12,710,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
ありがとう初基金 体験楽習クラブ さ~くる
(長崎県長崎市)
わかる いきる つながる 楽習サポート
 発達障がい等の背景がある児童・生徒の学習面の習得の困難さに対し、具体的なサポートは十分とはいえない。また、対人面での困難さも伴い、そのような要因から自己肯定感・効力感を損なっている子どもたちが学ぶ意欲や安心感・自信を持ち、将来や他者・社会と”つながる”機会を持てるようにし、また二次障害・三次障害を未然に防げる場をつくり・広げていくことを目的とする。
400,000
ケンコー基金 高取校区社会福祉協議会
(福岡市早良区)
シルバー110番 ~地域の中の駆け込み場所~
 地域の中での高齢者の孤立防止を目的としている。シルバー110番のプレートを掲げているお店や家にお困りごとを抱えている高齢者が駆け込むと、地域住民がつなぎ先の紹介役となって対応する事業。
85,000
ダイダン社会貢献活動基金 歌体操介護予防市民塾
(大阪府吹田市)
歌体操による介護施設訪問活動とそれを支える高齢者の健康寿命を延ばす活動
 介護施設で生活する認知症者を含む高齢者に対して、心と体をほぐし笑顔を引き出す訪問活動を実施する。歌体操は昔懐かしい童謡や歌謡曲を唄い、体操をする高齢者の健康体操である。この体操の効果は、長年にわたる介護施設での実績を踏まえ、広く評価されている。
200,000
野の花友愛基金 公益社団法人
認知症の人と家族の会 大阪府支部
(大阪市阿倍野区)
認知症の人と家族のための「つどい」の開催と電話相談
 認知症の人が安心・安定して地域で生活するため、認知症の人を抱える介護家族が認知症と介護の正しい理解を深める必要がある。介護家族、会議従事者、一般市民を対象に認知症と介護の周知啓発のため「つどい」を開催する。会議に苦しむ人のために電話相談により支援する。認知症を広く認識してもらうため、大阪城をシンボルカラーのオレンジにライトアップする。
600,000
ふれあい基金 公益社団法人
家庭養護促進協会 大阪事務所
(大阪市天王寺区)
里親子の縁結びにまつわる事業
 里親開拓、養(里)親希望者の調査、養(里)親子委託のアフターケア、養(里)親子の交流事業など、里親子の縁結びにまつわる事業。
200,000
メドトロニック福祉基金 NPO法人
障害者自立生活センター・スクラム
(大阪市大正区)
平成28年度 ピア・カウンセリング講座
 障害当事者が、各人の問題や困難に気づき、地域で主体的な生活を送ることを実践していくことができるようにエンパワメント(力づけ)することを目的に、「地域での自立生活を実現するためのエンパワメントを実践としてのピア・カウンセリング集中講座」を開催する。
300,000
八木徹記念基金 NPO法人
ペットライフネット
(大阪市西区)
シニア世代におけるペットの終生飼育の支援
 高齢者にとって、ペットは心身の健康に大きく貢献する。高齢者がペットとともに安心して暮らせるネットワークづくりと残されたペットのいのちをつなぐ活動。
120,000
山口淑子友愛基金 一般社団法人
サードパス
(東京都港区)
医療関係者の多職種・地域連携を促進するワークショップ「irori(いろり)」の運営と記録紙の発行
 多職種・地域連携の先行事例を学ぶ医療関係者のワークショップを実施し、記録紙にまとめ無料公開・配布することで、広く地域医療の質向上に貢献する。
300,000
山口淑子友愛基金 一般社団法人
タウンスペースWAKWAK
(大阪府高槻市)
生活困窮をはじめ様々な課題を持つ子ども達と親への支援事業
 生活困窮や発達障がい、不登校・ひきこもり等様々な課題を持つ子ども達への学習支援を通じて「貧困の連鎖」を断ち切り、将来への生きる力の獲得と孤立しがちな親たちへの支援を通じて、多様なつながりを実感できる地域社会を実現する。
400,000
山口淑子友愛基金 10 子育て学習会 スマイル・カフェ
(静岡県藤枝市)
子育て応援プログラム ココロがふわっとラクになる子育てのコツ
 子育て中の保護者対象に、託児付き4回講座とフォローアップ講座。保護者が子供と離れた時間の中で、『子どもの発達に応じた関わり方』やコミュニケーションについて学ぶことにより、親子・夫婦関係の悩みを軽減すること、親が子どもの幸せを願い子どもとともに成長すること、親の社会参加の機会を増やし、地域や子育てに関する福祉の向上を図る。
145,000
山口淑子友愛基金 11 NPO法人
福寿草の郷
(石川県加賀市)
愛をもって人も椎茸も実らせるプロジェクト
 機械化された工場の中ではなく、自然条件のもと昔ながらの製法に取り組むことで、椎茸はもちろんのこと、それに携わる人間も愛情をもって実らせてあげたい。
600,000
山口淑子友愛基金 12 らっこちゃん親の会
(愛知県刈谷市)
レッツチャレンジ!初めての映画館!!
 さまざまな障害を持つ子やその家族(きょうだい児)と一緒に映画を楽しむことで、親としての小さな夢の実現を、障がいを持つ子どもには『みんなと一緒に楽しんだ』という成功体験を、きょうだい児には自分たちは特別な家族ではないと知る機会を提供する。
300,000
山口淑子友愛基金 13 はみんぐ
(岐阜県羽島郡)
みんなで子育て講座事業
 岐南町とその周辺地域に住む0歳から就園前のお子さんを持つ保護者を対象に、絵本の読み聞かせ、手作りおもちゃと木育講座、幼児安全法講座など、子育てのスキルを伝える講座を開催。同時に講座参加者同士の交流を促す。
170,000
山口淑子友愛基金 14 NPO法人
認知症予防サポートネット
(兵庫県西宮市)
地域包括支援センターとの協働による認知症予防ボランティア養成事業
 認知症を予防するには、元気なうちに適切な生活習慣を身につけることが大切。地域包括支援センターとの協働により、シニアの方に認知症について学んでもらい、それを活かして地域で「認知症予防ボランティア」として活動してもらう養成講座を開催する。
400,000
山口淑子友愛基金 15 ほっと吹田
(大阪府吹田市)
劇とゲームで脳はハツラツ
 「劇とゲームで脳はハツラツ」
 Ⅰ部 寸劇「だまされたらアカン」詐欺グループの巧妙な罠なんか
     怖くない
 Ⅱ部 楽しい認知症予防ゲームで脳を活性化
110,000
山口淑子友愛基金 16 TUNAGARART実行委員会
(大阪市東成区)
バリアフリー野外アートフェスティバル
TUNAGARART~つながらーと~

 「障害についてもっと知ってほしい」「障害のある方のことをもっと理解してほしい」という想いから、障害がある、ないの隔たりをなくし、音楽やアート、ダンスを通じて触れ合い、理解を深めることを目的とした大阪発バリアフリー野外アートフェスティバルを開催する。
300,000
山口淑子友愛基金 17 NPO法人
日常生活支援ネットワーク
(大阪市浪速区)
災害発生を想定した地域福祉がつながるためのネットワーク事業
 災害時、地域福祉をどう立て直すか。障害者児・移動困難者を対象としたさまざまな職域の福祉関係者と多様な方面の災害支援専門家が共同で想定や発信をする関西発ネットワークづくりを実践する事業。
550,000
山口淑子友愛基金 18 社会福祉法人
関西いのちの電話
(大阪市淀川区)
広報事業)①新リーフレットの作成 ②「KAIND劇団」朗読劇&ミニコンサートによる若年層向け広報活動
 関西いのちの電話の活動を特に若年層に知ってもらうため、リーフレットを作成し、「KAIND劇団」による朗読劇を公演。その際リーフレットの参加者への配布に加え、天然デンネンズのミニコンサートを組み合わせメッセージを届けやすくする。こうしたことで中高生に対して「いのちの電話」の存在を知らしめ、自殺を減らすことに役立てる。
150,000
山口淑子友愛基金 19 NPO法人
子ども・若もの支援ネットワークおおさか
(大阪府富田林市)
知的障害者の就労と自立支援・ミニトマトのビニールハウス栽培事業
 就労継続支援B型事業所「なの花」で、知的障害者の就労と自立を支援するために、ミニトマトのビニールハウス栽培を行う。
500,000
山口淑子友愛基金 20 近畿ろうあ連盟
(大阪市中央区)
第66回近畿ろうあ者大会
 近畿各府県の聴覚障害者並びに手話関係者が集い、相互に交流し、学び、聴覚障害者の社会的地位及び生活の向上を図ることを目的とする。
150,000
山口淑子友愛基金 21 NPO法人
チットチャット
(大阪市中央区)
障がい者(児)のための海洋体験キャンプ
 知的・身体障がい者(児)とそのサポーターが宿泊をともにし親睦を深め、助け合いながら野外炊さん・レクリエーション等を行う。また、カッターボート・ウォークラリーや砂浜遊びなどを体験しながら、海の自然について学び、海の風・波・潮の変化を体感する。
300,000
山﨑ハナ・千太郎・文子子供基金 22 NPO法人
障碍者芸術推進研究機構
(京都市東山区)
『天才アート展2016&シンポジウム』
 近年、アール・ブリュットとして国際的にも注目を集めている障碍のある人たちによる芸術<天才アート>の豊かな表現世界を約100点の作品群で紹介する。
170,000
山口淑子友愛基金 23 認定NPO法人
シーエス障害者放送統一機構 (大阪市北区)
手話と字幕の番組「目で聴くテレビ」(CS放送)リアルタイム手話放送番組制作事業
 テレビ番組の音声情報を手話翻訳し、聴覚障害者用情報受信装置アイドラゴンに対応するように映像化、CS放送「目で聴くテレビ」で放送する。
720,000
山口淑子友愛基金 24 NPO法人
日本福祉学習センター
(大阪市北区)
初心者のための手話入門講座(パート1)
 手話の基礎を学び、耳の不自由な方の理解やコミュニケーションを容易にすることを目的に実施する。「手と手でね つながる 気持ちたいせつに」
50,000
山口淑子友愛基金 25 NPO法人
生きがい事業団 かどや
(大阪府東大阪市)
支援を要する子どもたちを対象とした食育推進運動
 朝食を食べないで通学している児童生徒は、集中力に欠け、学業に集中することができず、結果、その影響が学力に及ぼしていることが明らかとなっている。このため、ボランティアで食堂を開設してきた経験を活かして、支援を要する子どもたちを対象に「朝食を提供する」ことを通した食育活動を実施する。
350,000
山口淑子友愛基金 26 みんなが龍馬塾
(広島市中区)
異なるタイプの複層的居場所づくりによって独居高齢者を支援する事業
 自宅、病院、施設のいずれでも死ぬことができない高齢者が増えている時代の中で、住民が一体となった見守り環境を醸成することを目的に、女性高齢者だけでなく、男性も来やすい、夜でも参加できる、自己表現を楽しめる等々の、複層的な構成の居場所・交流場所を提供する。
700,000
山口淑子友愛基金 27 NPO法人
CAPセンター・JAPAN
(兵庫県西宮市)
チャイルドビジョン(幼児期の子どもの視点)を取り入れた子育ち支援事業
 幼児期の子どもに関わるおとなが、子どもの発達を理解し、子どもの視点に立った子どもの育ちの支援をするための体験型講座の実施及び講座実践者の養成研修を各地で行う。
400,000
山口淑子友愛基金 28 NPO法人
クラブぽっと
(石川県金沢市)
地域高齢者の居場所・役割発見!!「ぽっとサロン」の運営
 コミュニティサロンを開設することで、高齢者の居場所、役割、健康づくりを行い、地域高齢者がイキイキと生活できる環境を整え、高齢者福祉に関する地域課題の解決につなげる。
400,000
山口淑子友愛基金
日産化学大阪福祉基金
29 NPO法人
アトリエ素心居
(愛媛県松山市)
”みんなでたたこうin愛媛2016”開催支援事業
 愛媛県内各地で独自に活躍している障害者和太鼓グループの練習成果発表会と、今後の発展のためにグループ紹介、情報交換等の交流会を開催支援する事業。
(180,000)

(120,000)


300,000
山口淑子友愛基金
大阪厚生信用金庫福祉基金
30 NPO法人
大阪ライフサポート協会
(大阪市東淀川区)
障害者向けの心肺蘇生法と応急手当の開発と支援学校への講習支援
 障害者向けの心肺蘇生法と応急手当の開発と支援学校への講習支援
(500,000)

(300,000)


800,000
結(ユイ)の世界実行委員会基金 31 社会福祉法人
日本ヘレンケラー財団 さつき園
(大阪府阪南市)
食用廃食油再生燃料化リサイクル事業
 地球温暖化の軽減と知的障がい者の授産活動での工賃アップを目的として、食用廃油を軽油代替燃料として再生する事業。
250,000
山口淑子友愛基金 32 NPO法人
作業所こまどり
(愛媛県今治市)
羊大好き!毛刈り大会
 羊の毛刈り体験のほか、羊毛の毛紡ぎ、フェルト作りを体験してもらい、障害者と健常者と共に喜びを分かち合う。
200,000
山崎ハナ・千太郎・文子子供基金 33 NPO法人
YMCAコミュニティサポート
(神奈川県横須賀市)
児童養護施設で暮らす子どもたちのための支援活動
 横須賀市内の児童養護施設に学生ボランティアを派遣する。学生は、月に1回から数回施設を訪問し、子どもたちの学習補助、遊び相手、イベントのサポート、施設整備のお手伝いなどをする。
80,000
秋田佳津さする庵基金
日産化学大阪福祉基金
34 東大和市レクリエーション協会
(東京都青梅市)
無料学習塾「賢治の家」
 近年ひとり親家庭等において経済的な格差が教育を受ける格差となり、ひいては貧困の連鎖になるとの指摘がされている。本協会は昨年より無料学習塾を開設し中学3年生には高校進学指導をその他の学年や奨学生には学校の補習を実施している。
(200,000)

(80,000)

280,000
美知身障者福祉基金 35 社会福祉法人
日本盲人会連合
(東京都新宿区)
点字触読校正者の作業環境整備
 点字プリンターの購入により、視覚障害者である点字触読校正者の作業環境を改善する。
450,000
美知身障者福祉基金 36 みみっとの会
(岡山県笠岡市)
作業所の設備改善事業
 聴覚障害児・者の作業所床修繕工事事業。
380,000
美知身障者福祉基金 37 NPO法人
ネクスト
(兵庫県多可郡)
A型事業所にコンプレッサーを導入し、施設内の空気環境改善による労働作業環境の改善事業
 ネクストでは廃棄布団のリサイクルを主な事業としている。布団の中綿の処理過程で大量の埃等の粉じんが発生するが、その粉じんをコンプレッサーを用いて除去することで、就労環境を改善する事業。
500,000
鈴木フサ交通遺児福祉基金 38 公益財団法人
大阪交通災害遺族会
(大阪市中央区)
夏期訓練
 中学生以下の交通遺児を対象とした二泊三日の野外活動。ひとり親家庭では、子どもを野外へ連れて行くことが難しいため、その機会を作り、親元を離れた自然の中での体験を通じ健全な育成を図る。
400,000

奨学金の支給      30件  16,680,000円


助成基金名 No 助成先 助成事業 助成額(円)
T&S介護人材育成基金 大阪府立大学総合リハビリテーション学類
(大阪府羽曳野市)
1名につき奨学金360,000円を学生2名に給付する。 720,000
T&S介護人材育成基金 関西福祉科学大学
(大阪府柏原市)
1名につき奨学金360,000円を学生2名に給付する。 720,000
上田健一
奨学基金
大阪市立デザイン教育研究所
(大阪市阿倍野区)
1名につき奨学金400,000を学生4名に給付する。 1,600,000
江田直介・静子健やかな青少年育成基金 大阪府立視覚支援学校
(大阪市住吉区)
1名につき奨学金300,000円を学生3名に給付する。 900,000
大阪商工会議所奨学基金 大阪府立住吉高等学校
(大阪市阿倍野区)
1名につき奨学金120,000円を学生2名に給付する。 240,000
大阪商工会議所奨学基金 開明高等学校
(大阪市城東区)
1名につき奨学金120,000円を学生2名に給付する。 240,000
大阪商工会議所奨学基金 大阪市立大学
(大阪市住吉区)
学生1名に奨学金360,000円を給付する。 360,000
大塚伸二 児童養護施設奨学基金 児童養護施設 羽曳野荘
(大阪府羽曳野市)
児童養護施設の中学3年生で、高校進学を希望する生徒1名に奨学金200,000円を高校在学中給付する。 200,000
大塚伸二
大阪三大学基金
大阪府立大学
(堺市中区)
大阪府内3大学(大阪大学・大阪府立大学・大阪市立大学)の理工系学部で、経済的に困窮した状況で勉学に励む学生1名に奨学金300,000円を給付する。 300,000
大塚伸二
大阪三大学基金
10 大阪大学
(大阪府吹田市)
大阪府内3大学(大阪大学・大阪府立大学・大阪市立大学)の理工系学部で、経済的に困窮した状況で勉学に励む学生1名に奨学金300,000円を給付する。 300,000
大塚伸二
大阪三大学基金
11 大阪市立大学
(大阪市住吉区)
大阪府内3大学(大阪大学・大阪府立大学・大阪市立大学)の理工系学部で、経済的に困窮した状況で勉学に励む学生1名に奨学金300,000円を給付する。 300,000
大塚伸二
奨学基金
12 大阪市立今宮中学校
(大阪市西成区)
1名につき300,000円を学生2名に給付する。 600,000
大塚伸二
奨学基金
13 大阪市立夕陽丘中学校
(大阪市天王寺区)
学生1名に300,000円を給付する。 300,000
故宮本久子
交通遺児育英基金
14 公益財団法人
大阪交通災害遺族会
(大阪市中央区)
交通遺児1名につき奨学金240,000円を13名に給付する。 3,120,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
15 福岡県立嘉穂総合高等学校 大隈城山校
(福岡県嘉麻市)
障害者で大学進学を希望する学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
16 福岡県立福岡高等視覚特別支援学校
(福岡県筑紫野市)
障害者で大学進学を希望する学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
17 福岡県立京都高等学校
(福岡県行橋市)
障害者で大学進学を希望する学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
18 京都市立堀川高等学校
(京都市中京区)
障害者で大学進学を希望する学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
19 京都府立南陽高等学校
(京都府木津川市)
障害者で大学進学を希望する学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
20 福岡県立小倉西高等学校
(北九州市小倉北区)
左記高校の障害を持つ卒業生で、大学に進学した学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。(給付2年目) 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
21 福岡県立柏陵高等学校
(福岡市南区)
左記高校の障害を持つ卒業生で、大学に進学した学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。(給付2年目) 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
22 福岡県立福岡高等聴覚特別支援学校
(福岡市早良区)
左記高校の障害を持つ卒業生で、大学に進学した学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。(給付2年目) 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
23 京都府立山城高等学校
(京都市北区)
左記高校の障害を持つ卒業生で、大学に進学した学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。(給付2年目) 480,000
篠田重晃
障がい者大学進学助成基金
24 京都府立嵯峨野高等学校
(京都市右京区)
左記高校の障害を持つ卒業生で、大学に進学した学生1名に480,000円/年を大学在学中、給付する。(給付2年目) 480,000
花井耀一
奨学基金
25 静岡歯科衛生士専門学校
(静岡県磐田市)
学生1名に奨学金100,000円を給付する。 100,000
桧基金 26 公益社団法人
大阪聴力障害者協会
(大阪市中央区)
両親が聴覚障害であられる子女の育成を助成する目的で、奨学金240,000円を学生1名に給付する。 240,000
真泉育英基金 27 秋田県立秋田高等学校
(秋田県秋田市)
1名につき奨学金240,000円を学生4名に給付する。 960,000
前川慈修会財団記念基金 28 兵庫県立柏原高等学校
(兵庫県丹波市)
学生1名に奨学金120,000円を給付する。 120,000
松本ヒロ子奨学基金 29 三重県立桑名高等学校
(三重県桑名市)
1名につき奨学金120,000円を学生3名に給付する。 360,000
湯浅智江子
奨学基金
30 近畿大学
(大阪府東大阪市)
中国からの留学生1名に奨学金200,000円を給付する。 200,000

 
このページのTOPへ